人気閲覧ページランキング

簡単にやせたとき

belly-2473_640.jpgダイエットをしている人ならば、誰でもが「できることなら簡単に体重を減らしたい」
そう思っていますよね。

 

 

しかし、あまりにも簡単に短期間に多くの体重が減ってしまった場合は注意が必要です。
人間の体というものは、あまり急激な変化に強いものではありません。

 

いきなりググっと体重が減ってしまうと、体のバランスがおかしくなってしまったり
体調を崩してしまったり、痛めてしまう原因になってしまうこともあります。

 

 

また、急激に痩せた、ということは、
それだけ無理なダイエットをしたと言うことですよね。

 

食事を抜いたり、過剰な運動をしたり、
あるいは、食べたものを無理やり吐き出してしまったり。

 

 

どんなやりかたでも、過剰な減量は体にとって良いものではありません。
そんなことをして痩せても、かならず体調を崩してしまいます。
最悪の場合、過食症や精神の病。大きな怪我などにもなりかねません。

 

理由も無くどんどん痩せてしまった

また、無理なダイエットは何もしていないのに、すごく簡単に体重が減ってしまった
という場合にも気をつけなければいけないことがあります。

 

何もしないで普通の生活をしているだけで、どんどん体重が減る
なんてことは普通にはあり得ないことです。

 

 

そうなった場合、何らかの大きな病気にかかっている可能性も考えられます。
痛みや症状が出ていないような場合でも、もしかしたら、ということもあります。

 

何もしていないのに急激に痩せてしまったという場合は、
念のために病院に相談してみることをおすすめします。

 

ではいったい、どのくらいまでなら無理しても大丈夫なのでしょうか?

 

理想的な減量ペース

あくまでも数字の上での話しなので個人差などはありますが、
ひと月にだいたいもとの体重の10%以上減ってしまったら
もうちょっと減らす量をセーブした方がよいでしょう。

 

理想的なペースは、ひと月に3キロぐらい減らすことをを目安に、
少しずつ長い時間をかけて痩せることです。

 

 

もちろん「ひと月に1キロしか減らなかった」とか
「今月はほんの少ししか減らなかった」など、うまくいかないときもあるでしょう。

 

それでも大事なのは、あきらめずに続けることです。
ダイエットで大事なのは、簡単に結果を求めるのではなく、
長い時間をかけて取り組もうというゆとりある気持ちなのです。



 

 

中高年4人が最短1ヶ月で10kg以上のダイエットに成功!

断糖肉食ダイエット

 

 

rebol