人気閲覧ページランキング

部位別に効果的なダイエット

体重はそれほど減らさなくてもいいけど、気になる部分だけを細くしたい。
そう思っている人もたくさんいますよね。

 

またどうせならばこの機会に、スラッとした足厚い胸板、正しい姿勢など、
部位別に気になっている場所を鍛えても良いでしょう。

 

ここでは、お腹や太もも、下半身など、
部位別に効果的な運動や痩せるテクニックを紹介していきます。

 

部位別に効果的なダイエット記事一覧

ダイエットしている人が一番引き締めたいと思っている部分はもちろんお腹ですよね。実際、お腹にある腹筋はかなり大きな筋肉なので、そこを鍛えることができれば毎日の生活の中で消費する、基礎エネルギー量も増えることになります。ですから、ダイエットの効率がさらに良くなるのです。腹筋を鍛えるエクササイズは、かなりたくさんの種類が紹介されていますよね。ここでも、前回に基本的な腹筋運動のやり方を消化しました。今回は...

今回は、下腹を引き締める運動を紹介しましょう。男性の場合、あまり下腹を気にしている人はいないようです。どうしてもポッコリと出っ張ったビール腹の方に意識が行ってしまうからですね。しかし、腹横筋と呼ばれる下腹の筋肉も、大きな筋肉です。ここを鍛えることで、基礎エネルギー消費量を増やすことができます。下腹を鍛えるトレーニングで有名なのが、仰向けになって足を上げるものです。これは少し負荷が大きいので、ダイエ...

下半身を総合的に鍛えるエクササイズとして、最も有名で効果的なのがスクワットですね。この運動も、誰もが知っているものですが、しっかりと効果的で正確なやり方は、意外と知られていません。スクワットのやり方両足を肩幅より少し広いくらいに開きます両膝は真っ直ぐにするのではなく、少し曲げた状態にしておきます。背筋を真っ直ぐに伸ばして、正面を向きましょう。両腕の場所はどこでも良いのですが、腕を回して勢いをつけた...

太ももの筋肉はとても大きいので、この部分を鍛えることで簡単に基礎消費エネルギー量を増やすことができます。今回は、スクワットよりも簡単に、膝にかかる負担が比較的少なくて済むフォアードラウンジという運動を紹介しましょう。フォアードラウンジのやり方足を前後に開き、曲げる両足を前後に開いて、膝を柔らかく曲げます。背筋は伸ばした状態で、正面を向きましょう。手は、腰のあたりに固定しておくと良いでしょう。ゆっく...

今回は、内腿を鍛えるトレーニングを紹介しましょう。腿の内側の筋肉も大きな筋肉です。ここを鍛えることで、基礎的なエネルギー消費量を増やすことができます。また、男性に多いがに股も、内股の筋肉が弱いことが原因のひとつです。内股を鍛え、スッキリとした立ち姿になることができれば、足が長く見えるようにもなるのです。内股を鍛えるトレーニング内股を鍛えるトレーニングで一番簡単なのは、椅子に座ってクッションや座布団...

上半身を鍛える筋トレの代名詞とも言えるのが、腕立て伏せですね。大胸筋を鍛えて、盛り上がった胸を作れば"男らしい"格好良いボディになります。ただ体重を落として痩せるのではなく、できれば見た目も良くなりたいですよね。「腕立て伏せなんて、誰でもできるよ」と思いがちですがやり方を間違えていると、思わぬ怪我の原因にもなります。また、正しいやり方を知っていれば、より効率よく上半身を鍛えることができます。腕立て...

ダイエットをしているときは、お腹まわりにばかり気が向いてしまい、ついつい腹筋ばかり鍛えがちですよね。しかし、しっかりとした姿勢を保つには、体の筋肉バランスを整えることも重要です。腹筋運動をたくさんした後には、背中を鍛えるための運動も少し行いたいですね。今回は、簡単に背中を鍛えることのできる背筋運動を紹介します。背筋運動のやり方うつ伏せで両手・両足を伸ばすうつぶせに寝転がって、両手・両足を前後に伸ば...

ヒップアップ・トレーニングというと、女性向けの運動だと思ってしまいがちですが男性でも、引き締まったお尻になれば、足が長く見えて格好良いスタイルになります。男性にはあまり馴染みの無いヒップアップ・トレーニングですが、今回は、気が向いたときに簡単にできるトレーニングを紹介しましょう。かんたんヒップアップ・トレーニング普段歩いているときに、ちょっと工夫するだけで簡単なエクササイズになります。基本はまず、...

中高年4人が最短1ヶ月で10kg以上のダイエットに成功!

断糖肉食ダイエット

 

 

rebol