人気閲覧ページランキング

お腹

fotolia_35253599_xs.jpgダイエットしている人が一番引き締めたいと思っている部分はもちろんお腹ですよね。

 

実際、お腹にある腹筋はかなり大きな筋肉なので、そこを鍛えることができれば
毎日の生活の中で消費する、基礎エネルギー量も増えることになります。

 

ですから、ダイエットの効率がさらに良くなるのです。

 

 

腹筋を鍛えるエクササイズは、かなりたくさんの種類が紹介されていますよね。
ここでも、前回に基本的な腹筋運動のやり方を消化しました。
今回は、もう少し気軽にできる腹筋運動を紹介しましょう。

 

一般的な腹筋運動を行おうとすると、床に寝転がらなければいけないので
どうしても大きなスペースが必要になってしまいます。
床に体を付けることになるので、汚れても良いような服装に着替える必要もあります。

 

そこで、立ったままで、なおかつ簡単に行える腹筋運動が考えられました。

 

立ったまま行う腹筋運動

やり方は簡単です。

 

pic10.gif

 

足を肩幅程度に少し開いた直立の姿勢になります
背筋を真っ直ぐに伸ばしたまま、少しずつ状態を後ろにそらせて行きます
腹筋に負荷を感じたら、そこでストップ
そのままの姿勢で、15~30秒キープしましょう

 

 

注意点しなければ行けないのは、背中を丸めてはいけないということです。

 

背中を丸めてしまうと、腰に大きな負担がかかってしまいます。
また、お腹にうまく力が入らずに、腿や足だけでバランスを取ろうとしてしまいます。

 

pic11.gif

 

この運動は、負荷はあまり高くありませんが、どこでも簡単に行うことができます。

 

ですから、普段の生活のちょっとした空き時間などに組み込んで
毎日少しずつ腹筋を鍛えて行きましょう。

 

注意点

この運動は、多少腰に負担がかかりやすいと言われています。
ですから、腰痛などの症状が少しでも出てきたら、
運動中の姿勢をもう一度見直すか、すぐにこの運動を中止するようにしてください。

 

 

男性が行うダイエットは、とにかく無理をしてしまいがちです。
しかし、普段あまり運動をしていない人が急に無理をしてしまうと、
簡単に体が壊れてしまいます。

 

そうなったら、長い期間運動もできなくなってしまいます。
さらに、今まで積み上げてきた努力もすべて無駄になってしまいます。

 

体を休めることもダイエットのひとつです。
長い時間をかけて、じっくりと痩せていきましょう。



 

 

中高年4人が最短1ヶ月で10kg以上のダイエットに成功!

断糖肉食ダイエット

 

 

rebol