人気閲覧ページランキング

エクササイズ

exercising-on-a-gym-ball.jpgダイエットをするときに、有酸素運動はもちろん大事です。
しかしそれだけでなく、そこにエクササイズを併用することで、
より効率よく痩せる体・太りにくい体を作ることができるのです。

 

ダイエット・エクササイズの代表例といえば筋力トレーニングですよね。

 

 

「筋肉なんてたくさん付けたら、体重増えちゃうんじゃないの?」
なんて思っている人もいると思います。
では一体、筋肉を付けることにどんな意味があるのでしょうか?

 

筋肉をつける意味

人間が生きている間は、呼吸をしたり、肉体を維持したり、
基本的な生命活動をするために、何かしらのエネルギーを消費しています。

 

そういった基礎代謝量が多いほど、
普段の生活でたくさんエネルギーを消費することができます。
つまり、痩せやすくて太りにくい体質になるのです。

 

そして、この基礎代謝量が最も多いのが筋肉なのです。

 

ですから、からだの筋肉量を増やすことで、
普段の生活の中で消費するエネルギー量を増やすことができるのです。

 

エクササイズにはどんなものがある?

ダイエットに有効なエクササイズは、筋力トレーニングだけではありません。

 

ピラティスやヨガなど、体のバランスや体幹を鍛えるエクササイズもあります。
体幹の筋肉はインナー・マッスルと呼ばれ、姿勢を良くしたりする効果もあります。

 

ダイエットの最大の目的が「格好良くなりたい」という人は多いでしょう。
姿勢を良くすることは「格好良さ」にも大きく関係します。
筋力を付けながら、見た目も良くなれるエクササイズはおすすめです。

 

 

他に、ダンスやエアロビクス、DVDを使ったトレーニングなどもあります。
どれも、エクササイズの中に有酸素運動を取り入れたもので、
効率よく痩せることができます。

 

有酸素運動とエクササイズは、どちらか一方だけを行うよりも、
両方合わせて運動した方が、より効果があります。

 

バランスよく鍛えて、理想の体を手に入れましょう。



 

 

中高年4人が最短1ヶ月で10kg以上のダイエットに成功!

断糖肉食ダイエット

 

 

rebol